園の教育研究 ピアジェ理論への招待

ジャン・ピアジェ紹介

創造力に満ちた、心ゆたかな子を育てるピアジェ理論を提唱

ジャン・ピアジェ

ジャン・ピアジェ(Jean Piaget 1896~1980)
スイス人の発達心理学者。乳幼児期から青年期に至る知能の発達段階とその特性を科学的な臨床的方法でとらえたその独創的な研究成果は、さまざまな学問領域に貢献したが、とくに幼児教育に大きな影響をあたえた。1970年社団法人日本幼年教育会の招聘により「1970国際幼年教育者会議」に主席講師として来日。現在もっとも確かな幼児教育理論を展開し、わが国の幼稚園教育要領の理論的基盤ともなりました。

「教育とは、創造する人を創ることです。たとえ、ある人の創造は他の人に比べて限られたものであっても、すべての人が創造する人でありうる分野が必ずあるはずです。教えられたことを繰り返す人よりも、常に自分の力で考え、新しい知識を創り出し、発明していける人を創らなくてはいけません」と述べています。