園の教育研究 ピアジェ理論への招待

めざまし教育とは

「めざまし教育」とは、

子どもがものごとを知ることのおもしろさ、楽しさ、すばらしさを、からだ全体を通して身近な自然環境や社会環境および自分自身に眼を開いていくと同時に、美術・音楽・言語などの表現活動を通して、知性と感性を研ぎ澄ましていくように導く総合的な学習活動です。®

理論的支柱は、ピアジェ理論

ピアジェは、知能の促成栽培に対してはかなり否定的な見解です。「理解するということは、自分で工夫して作り出すことです。逆に、あまりに急いで何かを教えようとすると、子ども達はそれを消化しないばかりか自分なりに工夫して作り出すこともしなくなってしまいます。」と述べています。

教材「めざましあそび」

幼児期で大切な数や言葉の発達にとっての土壌となる思考力を培うことを目的に、編集されたのが教材「めざましあそび」であって、ここでは、ものごとを豊かに考える「あそびと学び」を積み重ねることができるようになっています。

お問い合わせはこちら