園の教育研究 園生活のねらい

仲間のメリット

子どもの社会性を育てる

子どもは誕生して以来、家庭の中で母親の温かい世話のもとで成長してきました。
どんなに育児にきびしい家庭の中でも、子どもにとって母親はいつも自分のそばにいて、自分のやってほしいことをかなえてくれる人です。
こういう生活の中では、子どもは自己中心的になりやすいものです。
とりわけ最近の家庭は、以前のように兄弟がそれほど多くないうえ、地域での子ども同士の接触も非常に少なくなっています。
そこでどうしても幼稚園のような場所で集団生活を体験させ、子どもの社会性を伸ばしておかねばなりません。

時には仲良く、時にはけんか

同年代の子どもといっしょにあそんだり、ときには仲良く、ときにはけんかをしたりして、お互いに接触するうちに、今までわがままだったり泣き虫だったりした子どもが、だんだんたくましくなっていきます。

よい習慣を身につける

自分のことは自分でするよい習慣も身につき、あとかたづけをしたり、他人の話も最後まで聞けるようになります。
こういうことは小学校入学直前にあわててしつけようとしても、そうすぐには身につくものではありません。