参観日のあそび 黒板あそび

参観日の保育【4~5月編】
3歳児の保育 絵カードを使った「名前あてあそび」

ねらい

いろいろな絵カードに興味と関心を持ち、物の名前を知る。

準備物

ペープサート:男の子 女の子
絵カード:チューリップ バナナ イチゴ ゾウ チョウチョウ
     (はじめてのあそび「スタートシリーズ」の絵カードを使用)

指導の流れ

1 男の子と女の子のペープサートを用い、手あそびや歌あそびを入れて導入する。 名前あてあそび1
2 名前あてあそびをしようということで絵カードを出しその物の名前や特徴について話し合う。 名前あてあそび2
3 絵カードは一枚ずつ出し方に工夫したり、歌を唄ったりして進める。 名前あてあそび3
ここがポイント!

話を聞くだけでなく、身体を動かすことで集中する時間が長くなるでしょう。
ペープサートを使い物語を作って導入してみましょう。楽しく保育が進むでしょう。
年令が低いほどイメージがわかないので話しあいには、視覚教材が必要です。色々な絵カードを用意して保育を展開してください。
「名前当てあそび」だけでしたら20分ほどで保育が終わりますので、もう少し時間がある時は、次の「対応あそび」と組み合わせてみてください。

補助教材のダウンロードはこちら